生理痛・PMS(月経前症候群)

御殿場で生理痛・PMSは長澤健康院

  • 生理の1~3日目に腰や下腹部が痛くなる
  • 生理が始まる前から頭痛が出てくる
  • 生理前からイライラとなってしまう
  • 生理時の経血にかたまりがある
  • 「もう少しで生理が来る」と思うと憂うつ

生理前から生理中にかけて、だるさやイライラと怒りっぽくなるといった不快感。頭痛や下腹部痛、腰痛、便秘、下痢、肌荒れなど様々なお悩みの生理痛・PMSは御殿場市の長澤健康院にご相談ください。

整体で生理痛やPMSに効果的!?|御殿場市の整体院 長澤健康院

生理痛を痛み止めで我慢している…

生理の時に痛みがありながらも「生理痛はあたりまえかな…」「いつもの事だし…」と鎮痛剤を毎回飲みながらや、痛みをこらえて我慢をして過ごしている女性は多いです。
生理痛は当然あって当たり前の反応ではありません。

生理痛の原因として最も大きいとされる要因がプロスタグランジンという生理活性物質の過剰分泌です。この物質は子宮を収縮させる働きがあり、その働きによって生理の時の経血を排出してくれているのですが、過剰に分泌すると収縮が強くなって陣痛のようなキリキリとした痛みが発生したり、子宮内の神経を痛みに対し敏感にさせる作用もあるのです。

過剰に分泌させないために必要なのが、骨盤内への神経や血液の働きや循環を良くすることです。

それはPMS(月経前症候群)もおなじです。

イライラしたり、むしょうに甘いモノが欲しくなったり、乳房が張り痛くなったり、生理前になると色々な症状が表れてくるのがPMS(月経前症候群)です。

PMSの症状は
下腹部の張りや痛み・腰痛・頭痛・便秘・下痢・むくみ・重だるさ・乳房の張り・肌荒れ・のぼせといったものから、イライラする・怒りっぽくなってしまう・憂うつな気持ちになる・落ち着かないというココロの不調にも表れ、その種類200以上とも言わているようです。

女性にとって非常に大切で重要なホルモンの働きが要因との大きな一つとして関わってきます。この女性ホルモンをしっかりと働き・送り届かせるのかが大切になってきます。

そのため、骨盤や骨盤内へ神経が出ている背骨が歪んだ状態では、子宮や卵巣はしっかりと反応しずらくなります。またホルモンや生理活性物質を運ぶための血液の循環が悪いことも生理痛・PMSを引き起こしやすくしてしまいます。

 

御殿場市の整体院 長澤健康院での生理痛・PMSへのアプローチは

長澤健康院ではカウンセリングをした上で、骨盤や背骨を中心に筋肉のバランスを整えてゆくことで骨盤内の血流と神経の働きを高めてゆきます。そうしたことで過剰なプロスタグランジンを含めホルモンの状態を安定させ改善していくように標準を置いて施術をおこなっていきます。

女性特有のお悩み・痛みであるがゆえになかなか相談出来ずに我慢されている方々が長澤健康院へいらっしゃいます。「当たり前」「いつものこと」と諦めていた生理痛・PMSも本当は対応できる症状なのです。

少しでも悩み切ない思いがありましたら、まずご相談ください。